しじみや牡蠣は肝臓に本当に効くの?

しじみから摂れる成分のオルニチンや、牡蠣から摂れるタウリンという成分が、肝臓の不調に効果があるというのを聞いたことはありませんか?

 

たしかに昔から、二日酔いにはしじみの入ったお味噌汁を飲むと良いと言われていますし、牡蠣も、栄養価が高いと言われています。

 

このように言われる訳は、どのようなものなのでしょうか?

 

まず、しじみには良質なたんぱく質(オルニチン)やビタミンB群、カルシウム、鉄分、リンなどが豊富に含まれています。そして胆のうの分泌を促すアミノ酸のタウリン、チアミン、コハク酸とうい成分も含まれているんです。

 

なぜ、このような成分が肝臓機能をサポートするとされているのかというと、胆汁は肝臓で処理された不要なものを身体の外に排出する働きがあるので、分泌を促進する事で、肝臓の解毒作用が活発化されるんです。

 

そしてしじみは必須アミノ酸がバランスよく含まれている事から、消化吸収力が高まり肝臓の負担を減らす働きがあるので、肝臓機能のサポートに良いお仕事をしてくれるという訳です。

 

牡蠣も海のミルクと言われるだけあって、鉄やビタミン、ヨード、カルシウムなどが豊富に含まれているので、肝臓に良い事がわかっています。

 

これらを毎日、たっぷり食べる事ができればよいのですが、毎日しじみと牡蠣を食べ続けると言う事は、かなり難しいと思います。
生牡蠣なんて、美味しいですけど魚介類によるウイルス感染が怖いです。昔、牡蠣にあたったことがある人なら、この考えは分かりますよね?^^;

 

そこで、タウリンやオルニチンなどの成分が配合されたサプリを飲むというのが、現実的な方法になってくると言えるでしょう。これなら毎日、欠かさずにしじみや牡蠣を冷蔵庫に入れておく必要もありませんし、ましてや牡蠣にあたるという事もありません。

 

タウリンやオルニチンのサプリさえ飲んでいれば、お酒を安心して飲めるという事は決してありませんが、サプリを飲む事でお酒に対しての意識は必ず変わりますし、サプリと併用して、肝臓に負担をかけないお酒の飲み方が意識できるのではないでしょうか?

 

サプリは健康補助食品なので、薬のように劇的な効果は期待できませんが、副作用がありませんし、心の安定感も違うので、そういう意味でサプリを活用するというのもおススメだと思います。

 

これから紹介するサイトは、タウリンやオルニチン配合のサプリのランキングが載っているので参考になりますよ!

更新履歴