コンブチャのアレンジ

今、話題のコンブチャ。
中でも、コンブチャの成分をよりパワーアップさせた国産のコンブチャである“コンブチャクレンズ”を飲んでいます。

 

コンブチャクレンズには、2つの酵母菌と200種類の酵素が入っていて、アメリカ発のコンブチャに比べると“燃やして排出する”効果に優れているのだとか。

 

また、国産というだけじゃなく無添加で安全性にこだわっていますし、カロリーや糖質の面でも問題なさそうなので、気に入ってます。

 

味は、マンゴー味なので凄く美味しく飽きはこないとは思うのですが、最低でも3ヶ月間は続ける方が良いとの事なので、コンブチャのアレンジを調べてみる事にしました。

 

コンブチャクレンズのHPには、1日30mlを飲む事を推奨していて、原液でそのまま飲んでも良いし、白湯で3倍に薄めても良いと書かれていました。

 

最初、原液で飲んでみましたが、どろっとしていて子供の時に飲んだ風邪薬のシロップみたい。

 

甘くてめちゃくちゃ美味しいけど、ドロドロの原液感がハンパないんですよね・・・

 

そして次の日からは、60mlの白湯に薄めて飲んでみました。

 

これは普通に美味しいです。

 

でも、基本的にはコンブチャクレンズは朝食置き換えとして飲むので、これではさすがに腹もちが悪く昼食まで持ちません。

 

私は、もともと朝食はしっかり摂るタイプなので、仕事中にお腹がグゥグゥなってしまうので、とても恥ずかしいのです。

 

そして、次は炭酸水で割る事。これも公式サイトで推奨されていました。これなら腹もちが良いのでお昼まで耐えられます。

 

更に、豆乳(カロリーオフなら、尚よし)で割ったり、無糖ヨーグルトに混ぜて食べるのもおすすめです。

 

お白湯で割るよりも、すこしカロリーが高くなってしまいますが、それを上回る効果があると信じて、最低3ヶ月間は続けて行きます。

 

そのせいか、最近お腹がポコポコしだして、腸が活発になってきているのかな?なんて少し期待しています。

 

この症状は大体1カ月もすれば、治まるそうなので気にせずに、コンブチャ生活を楽しみたいと思います。